帯状疱疹の症状・原因・治療について

帯状疱疹は、水疱瘡のウイルスが原因の、痛みをともなう皮膚湿疹のことです。症状には個人差がありますが、多くの場合、からだの一部にチクチク、あるいはピリピリとした痛みを感じることから始まり、やがてそこに紅斑(少し盛り上がったような赤い湿疹)ができ、続いて水疱ができて破れ、皮膚がただれ、かさぶたができます。その間も、痛みが続きます。ほんブログでは、帯状疱疹の症状、原因、治療方法などの情報についてご紹介します。

帯状疱疹の症状
帯状疱疹の症状は、まず神経痛のような痛みが起こり、その4、5日後に同部位に虫に刺されたような赤い発疹ができ、次第に水疱に変わります。その後、膿疱(水疱が化膿してうみをもつ)、痂皮(かさぶた)となって約3週間で治ります。免疫力が非常に落ちていると、全身にみずぼうそうと同じような発疹が現れます。また、深い潰瘍を形成し、痕になってしまうこともあります。

次に、痛みを感じた場所にブツブツとした赤い発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。この帯状疱疹の症状症状は、特に胸から背中、腹部などによくみられます。他には顔や手、足にも現れます。

さらに、帯状疱疹の症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけであり、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。

帯状疱疹の原因
帯状疱疹の原因は、ヘルペスウイルスの一種です。このウイルスに初めて感染した場合、まず水ぼうそう(水痘)を発症します。水ぼうそうは、一度発症するとその後一生感染しませんが、このときに感染したウイルスは身体の神経節に潜伏します。水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは身体の神経節にひそんでおり、その後、何らかの誘因によってウイルスが再活性化されて、帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹を起こす誘因としては、過労や免疫機能の低下、加齢、手術、放射線照射などが指摘されています。免疫力が低下する原因には、過労やケガ、大きなストレス、病気、手術、免疫抑制薬の使用、高齢化なども帯状疱疹の原因です。

帯状疱疹の治療
薬物療法
ウイルスに直接効果のある薬があります。抗ウイルス剤;ゾビラックス・バルトレックス・ファムビルなどは直接ウイルスの増殖を抑える薬です。現在は耐性の報告はありません。水痘・帯状疱疹ウイルスと単純性疱疹ウイルスは、同じヘルペス属ですが異なるウイルスなので感受性は違うため量は異なりますが同じ薬が効きます。

自宅で行うセルフケア
<身体を温める>痛みが強い場合は、身体を温めて血行を良くしましょう。カイロをあてたり、湯たんぽを使ったり、患部を温めることで痛みを和らげます。また、入浴も症状の緩和に役立ちます。全身の血流がよくなり、リラックス効果も生まれます。

 

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販

ED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスが代表的です。おもに男性の勃起不全、勃起機能問題、中折れ等の性機能問題を解決する人気医薬品です。